HOME>イチオシ情報>免疫細胞治療はがん治療で注目されている【内容を確認してみよう】

免疫細胞治療はがん治療で注目されている【内容を確認してみよう】

病院

体力がネックになって治療できないケースもあった

毎年、日本人の死亡原因の上位にランクインする「がん」は、病気が発見された時のステージによって症状や治療方法が大きく異なります。初期段階で発見された場合は、手術部位が小さかったり、副作用の少ない抗がん剤を使ったりするなど、治療後に体力が残っている場合が多くあります。もちろん、早い段階から治療できれば、治療後の予後が良好で、生存率が高く、完治できる可能性も高くあります。しかし、病気が進行し、体力が残されていない場合、治療自体が進まず、ただ痛みを緩和するだけで闘病が終わってしまう場合もあります。そのような患者でも治療が受けられるとして注目されている「免疫細胞治療」では、自分自身の免疫細胞を使って治療を行うため、副作用が少ないとして知られています。一昔前までは、抗がん剤は体に大きな負担を与え、治療によって体力が落ち、患者は苦しい闘病生活を送ることを余儀なくされていました。治療によって体力を奪わないことは、患者の予後の生活の質を高め、人間らしい生活を送ることができるため、治療の効果と共に大変重要な事です。

婦人

免疫細胞療法で体の免疫力を上げる

がんの新しい治療法として注目されている「免疫細胞治療」は、放射線治療や化学療法などの標準治療に次ぐ治療法として期待されています。がんの種類によっては、治療法が確立されていなかったり、薬が効かなかったりする場合があり、新しい治療法を模索している現状があります。そんな中、薬などを使って外からがん細胞をやっつけるのではなく、自分自身の免疫力を使ってがん細胞を退治する治療が発見されました。元々、人間の体の中では、毎日のようにがん細胞が作られ、それを自身の免疫細胞が攻撃して病気になるのを防いでいると考えられています。しかし、その免疫力が低くなったり、免疫力よりがん細胞の力が強くなったりすると、がんという病気になり体の症状が現れてきます。元々ある免疫細胞の力を高めてがん細胞を攻撃し、本来の人間の体の状態に戻す治療法は、体への負担が少なく、安心して受けられる治療法と言えます。しかし、保険適応外で治療費が高額なことや、大きな病院では実施されていないことから、まだまだ認知度が低いという現実もあります。治療法がないがんや薬が使えない患者、体力がない患者など、必要な人が受けやすくなる制度や環境を作ることが必要です。