HOME>Review>髄膜種治療は腕のたつ医師に任せよう☆医師の選び方

髄膜種治療は腕のたつ医師に任せよう☆医師の選び方

患者

髄膜腫と診断されるとなるべく早めに治療を受けた方が良いのですが、誤診の可能性が0ということはありません。そこでセカンドオピニオンを利用して本当に髄膜腫だったのか確認した人の口コミをチェックしてみましょう。

みんなの声

セカンドオピニオンを利用してみよう

体の調子が悪かったからこそ病院に行ってみて検査を受けたのですが、髄膜腫と診断されて、本当に間違いないのかという気持ちになりました。診断してくれた医師は新米のような感じでしたので、自分の中で病気だと信じたくないのもあり、誤診ではないのかと疑いたい気持ちもあったのかもしれません。本当に誤診でないのであれば治療が必要ですが、手術となると納得してから手術を受けたいので、セカンドオピニオンを利用してもう一度診断してもらう事にしました。大きな病院に行き髄膜腫に詳しい医師に見てもらった結果、最初の診断は間違いないという事でした。誤診であってほしいという気持ちはありましたが、二人の医師に間違いないと言われると、納得せざるを得ず治療をしようという気持ちに変わりました。
(30代|男性)

実績が公開されていたので選びやすいです

髄膜腫という病気になり、手術を受けて治療しなくてはならないと言われましたが、どこの病院で手術を受ければいいのかと迷いました。診断してくれた医師から他の病院の紹介を受けましたが、本当にそこでいいのかという気持ちもあったからです。病院同士には深いつながりがあるというイメージがありましたので、もしかするとそのつながりの関係で紹介されているかもしれないと感じたのもあります。自分なりに病院を調べてみると、髄膜腫治療に関しての実績が公開されていたので確認をしてみると、安心して治療をお願いできるような十分な実績がありました。これならば不安を感じずに治療をしていけると感じたので、紹介してくれた病院での治療を決めました。
(20代|女性)